パチンコ:羽根・一撃

P EXゼウス

2019年4月に導入されます、”P EXゼウス”のスペック・ボーダーライン(ボーダー)・釘・電サポ止め打ち・アタッカーオーバー入賞・潜伏判別・やめどき・信頼度・保留信頼度について記載しております。

 

スペック

基本スペック

項目 スペック
大当たり確率
(普通図柄)
1/31.98
最大出玉 約5310個
(1250個×4セット)
特賞中時間 約7分
賞球数 4&5&6&3&15
カウント 上…10C、下…9C
ラウンド 10R

 

ボーダーライン

4円

交換率 役モノ
飛び込み数
デジタル
回転数
2.5円 28.9 2.08
3.0円 26.5 1.90
3.3円 25.6 1.83
3.5円 24.9 1.79
4.0円(等価) 23.7 1.70

 

1円

交換率 役モノ
飛び込み数
デジタル
回転数
0.60円 23.6 1.70
0.75円 21.4 1.53
0.89円 19.9 1.42
0.92円 19.6 1.41
1.0円(等価) 19.0 1.36

※大当たり出玉4700玉、役物確立1/13.93にて算出。

 

釘の解説

調査中

ヘソ釘周辺

道釘周辺

寄り風車釘周辺

スルー周辺

電チュー周辺

アタッカー周辺

 

ストロークの解説

ブッコミ狙い

実戦での連続入賞時には、ステージから落ちた玉と道釘から来た玉が連続して入るパターンか、ステージ上に複数の玉が同時に載って勢いを失い連続して飛び込みに入るパターンが大半で、ステージに載せないと連続入賞は厳しい。

まずは盤面の矢印を狙い、ブッコミを通してワープを狙うのが絶対。常にストロークに注意を払い、ブッコミを斜め下から見上げて微調整しつつ、一発でも多く抜けやすいストロークを探し続けよう。

ブッコミやワープがマイナスでステージに絡みにくい台や、ヘソが下げ釘でステージからの玉を受け止めにくい台、バネがガタガタでストロークが合わせられない台は厳しい。

 

電サポ止め打ち攻略

1stアタッカー

役モノの始動口は実は普通図柄であり、図柄揃い後の1stアタッカー開放は電チュー開放。大当り後、右を狙え画面が出たらしばらく待つ。扉が開いて画面がホワイトアウトしたら右打ち。保留が4個貯まったのを確認してから止め。

2ndアタッカー

1stで保留を貯めてからVアタッカー開放まではかなり間がある。焦らず「Vを狙え」の文字出現まで待ってから打ち出し開始。そのまま3rdアタッカーが開くまで打ちっぱなしでいい。

3rdアタッカー

基本打ちっぱなしで、最終ラウンドのみ12個打って止め→「Vを狙え」の文字出現で打ち出し再開→③の最初に戻る×4。

面倒で無ければ毎ラウンド12個打ちすればやらないよりマシ程度の効果は得られるのでお好みで。最終ラウンドからVアタッカー開放まではかなり時間があるのでここだけは確実に打ち出しを止めたい。

 

潜伏確変

本機種に潜伏確変はありません。

 

やめどき

通常時はいつやめてもOK!!

 

ご拝読ありがとうございました。

クリア
クリア
クリア